2010年11月24日

和倉温泉多田屋ギャラリー翔

和倉温泉に多田屋さんという旅館があります

和倉温泉というと 加賀屋さんが有名です

豪華で 華やかな加賀屋に対して

多田屋さんは 静かで落ち着いた感じです。

IMG_2796.JPG
中に翔というギャラリーがありますが

ここに塩安漆器工房の品物を展示することになったのが 今年の7月から

昨日 年末から3月頃までの展示に入れ替えてきました

IMG_2797.JPG

IMG_2805.JPG
この小物たちは 藹庵のもの

輪島塗を気軽に もっと身近に と作っているものです。

IMG_2798.JPG

IMG_2799.JPG
この辺りは 伝統的な輪島塗の中でも

あまり目にする事の少ないもの。 

多田屋さんのお客様のような ものの分かった方が

薀蓄を 連れの方に おしゃべりしそうなもの

って感じです。

家紋入りのお膳は 脚の形 色 椀の種類と目的など それぞれ意味があります。  

地域によっても多少違いますが 

「この祝い膳 女性用だな

正座する女性には やや背が高く 胡坐の男性用は やや低い

と言われてるんだよ。」

「正方形の角を面取りしたような形は 

八角膳(やすまぜん)と言ってね 一番格式が高いんだ。」

なんて説明すると 

お連れさんの尊敬のまなざしを受けること 間違いなしですね。





posted by やすべい at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

田中聡

職人たち 輪島元気だぞ 004.jpg
田中聡

主にうちの会社では 中塗りを担当しています

中塗りは 下地と上塗りの間

うちでは 中塗りはそれ用の部屋でやりますので

孤独な作業をしている事が多いですね。

箸中塗り 009.jpg
箸は 下地から中塗りまで全部彼がやってるものが多いですし

最初の画像のは ブレスレットの中塗中

IMG_0850.JPG
これは三方

つまり 中塗りは特別なことが無い限り

全部 彼がやってる

つまり うちで作ってる品物は テーブルから箸まで

全部 彼の手が入ってることになりますね。

これは 上塗りの小坂朗より凄いかもしれません!


大屋小学校の4年生が毎年 うちの会社に工場見学に来て

全員が写生していきます。

これを輪島漆器組合主催の 輪島塗図画コンクールに

大屋小学校さんが出展するのですが

20人ほどの生徒に どんな作業の 誰を書いても良い

ということになっています。

そこにこの風貌です

塩安漆器工房には 職人は10人居ますが 

半分の生徒は 彼を描きます! 毎年です!

身長も180以上ある大きな彼ですが 気の優しい男です

数少ない 生え抜きです

もう30年以上 ずっとうちで働いています。

そんなに苦労かけてるのかなあ

彼の頭がこの先心配です。
posted by やすべい at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作り手紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

来年の年賀状の写真撮り

一昨日 年賀状用の社員全員の写真撮りをしました

毎年 社内の場所を変えて撮っています。

これまで 店の前 展示場 上塗り場! などでしたが

今年は レストランの中で撮りました。

IMG_2700.JPG
masaさん 前列左から二人目が 当社6代目です

この時期です ほんと大変ですが

皆で頑張らなくてはなりません。

前から2番目の列 高校の制服姿の若い子は

来年4月から 職人 弟子として仕事場に入る村上さんです

少しづつ 世代交代 

若い力に頑張ってもらいたいと思っています。

少し早い ご挨拶でした。

皆様 よろしくお願いします。

posted by やすべい at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。